ようこそ!FP資格取得ガイドへ

4つの「E」

FPになるための4つの要件(4つの「E」

ファイナンシャル・プランニングを行うにあたって、顧客の家族状況や個人的なファイナンス状態など、プライバシーに関わる情報が必要不可欠であるとともに、プランはその顧客の一生に関わる問題であり、当然ながらFPには厳しい職業的倫理観とその深い自覚が求められます。

日本FP協会では、FPとして認定されるには次の4つの要件が必要です。


① 教育(Education)

所定のFP教育カリキュラムを修了し、また資格認定後も資格維持・更新のために、継続教育を受けて所定の単位を取得することが必要です。


② 試験(Examination)

学んだ教育内容が身に付いているかどうかを試験します。合格することは、実務遂行に必要なレベルに達していることの証となります。


③ 経験(Experience)

FPとしての力量を本当に身に付けるために、一定期間の実務経験が求められます。

CFP認定者となるためには3年間の実務経験が必要とされます。また一度認定された場合であっても、2年ごとに更新しなければなりません。


④ 倫理(Ethics)

FPの業務を行うということは、顧客の個人情報を知ることになります。したがって、しっかりとした職業倫理を身につけ、各種の法律を遵守することがとても大切です。

powered by Quick Homepage Maker 4.23
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional